2017年6月26日 (月)

カウントダウンと杏仁豆腐

これ、なんだかわかりますか。170626_131502

昨日、低気圧メランコロジーにやられながらも、殻をむいて水につけてた

これは、杏仁。

あんずの実を食べたあと、そのままお皿に並べて1か月くらい過ぎたのかしら。

殻を割ってみるとかなり小さくしぼんでいて、心配でしたが、

水につけて一晩、ご覧の通りつやつやに戻りました。

薄皮をむいて、水と一緒に砕いて、絞って、

牛乳とあわせ、寒天とお砂糖を煮溶かして、

170626_145101
杏仁豆腐の出来上がり。

170626_151602あんずのシロップ漬けと、ラズベリー散らして、いただきます。

170626_151601灰白色の、ぺったぺたの我が庭は、今朝もたくさんの職人さんが来て作業。

朝から猛烈に有機溶剤の香りが充満して、反対側の部屋に避難したら、

そちらはそちらで外壁塗装の真っ最中。

こんなときは、仕事をもって師匠の家に避難するほかはありますまい。

パソコンもってでかけて、仕事の合間に

金木犀の剪定、あんずネットの始末、ペチュニアの切り戻し、ぎんばいかの剪定、剪定枝の始末(庭でとれたものはなんだってゴミに出したりしないのだ)、自然落下したあんずの種を収穫(杏仁豆腐、まだまだ作れるように!)と、働く。

そして、いよいよ我が庭づくりの開始まで、日が迫ってきてますから、

遅ればせながらグリーンカーテンをつくるべく、犬と一緒に苗の買い出し、

鉢への植え付け(師匠の指導により、鉢植えは必ず底部に草を敷きます。だから、植え付け作業は草刈りから。5つの鉢を作るのに、10か所くらいも蚊に刺されながら、がんばった!)

もはや、庭仕事の合間にパソコンをたたいているのか、パソコンの合間に庭仕事してるのかわかんない。

それって、かなり、理想の生活かもしれない。

170626_191202
くったくたのへっとへとのぼろぼろになって戻ったら、

バルコニーの作業はすべて完了しました、の貼り紙。

洗濯干し、解禁。太陽光発電を戻せる日も近い!

庭づくり再開の日も、近い!

170626_191002まったく予定通りに進んでいるだけなのに、

予定通りに終わるなんて期待するまいと自分に言い聞かせすぎて

「もう終わるなんて信じられない!」と歓喜しています。

あー、うれしい。うれしすぎて、灰白色のベランダで、うろうろ歩き回って

今まで座ったことのない場所に、座ってみたりした。

明日の朝も、灰白色の見たこともない庭で、遊ぼう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

にちようびの朝ごはん/朝さんぽ

170625_081402里山でもらったおいしいママレードが食べたくて、米粉のパンケーキ、やいた。

それと、バジルペーストのドレッシングで、サラダ。

 

今日はもともと〈えんげき〉のじゆうじかんの日で、

絵本シアターの公園ピクニック公演が入ったから

公園で、みんなで絵本の助っ人やった後、

えんげきもやる予定だったんだけれど

まず、ピクニックが雨で流れて、

つぎに、参加予定のYさんの体調不良で〈えんげき〉のじゆうじかんが流れて、

急に、おやすみになりました。

こんな日は、ここぞとばかり、たまった用事に取り組むのもいいのだけど

やっぱり、今しかできないことは、低気圧メランコロジー活動ですもの

朝の散歩にちょろっとでかけたあとは、ひねもす、取り組んでいます。

20170625rie1

朝のさんぽをいっしょにした、うさ子さんから写真、送られてきた。

この季節の楽しみ、師匠の庭の大賀蓮、今年の1輪目。

つぼみはあと4つ、あがってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

灰白色の海をのぞむ

午前中、洗濯をしに出掛けて、新鮮な空気と緑にふれて

満足して帰ってきたら

わが庭「ごちゃごちゃ苑」は、見事、灰白色の海へと変貌していた。

170624_154501_2

驚きました。

この奇妙に波打った、ぺかぺかした場所に

さほど遠くないかつて、緑なす生態系が存在したことが、不思議。

庭の全貌が見える写真がないかと、日記を探したけれど

このごろ写真をまったくとっていなかったなあ。

撮っておくべきだった。

だいぶ前の写真が、ここにあります。見事な眺めでしょう。

信じられない。

そして、朗報。

来週おそらく火曜日には、この、灰白色の海上で洗濯物を干せるようになる。

足場の解体も、すでに今日から始まっているのです。

予定より遅れるのではないかと心配していたけれど

杞憂だった。

大規模修繕工事は、終わりつつあるのです。

つまり、庭づくりの、ゼロからのスタートの日が、近づいているということ。

ここに住み始めた時には、すでに植わっている植物がたくさんあった。

ゼロから庭づくりするのは、うまれて初めて。

一日も早く、「なにがなんだか」と言ってもらえる、見事に草だらけの庭にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

金曜日の〈えんげき〉のじゆうじかん

1498212815088
【本日のごはん】 (撮影はワカメちゃん)

・いろんなお米の玄米ご飯
・みそ味のポトフ(鶏肉・たまねぎ・じゃがいも・にんじん・きゃべつ・さやいんげん)
・夏野菜のサラダ(とまと、きゅうり、たまねぎ、レタス、カマンベールチーズ、バジルとくるみのドレッシング)
・おもたせのハーブティー

このスタイルでの〈えんげき〉のじゆうじかんをはじめたいっとう最初から

大きな作品も、身構えず読んでやろうと思ってました。

でも、そんなことして、わたしは楽しいのわかってるけど、

ご参加のみんなにとっても楽しめることなのかしら…と心配で

なかなかできるチャンスがありませんでした。

今日の顔ぶれは、“小粋なパリジェンヌ”ことニコルさんと

いつものワカメちゃん。ふたりにぴったりの作品は…

朝、薄暗い書斎に座り込んで数十冊も本をひっくり返して考えてたら、

ひらめいた。いよいよ、チャンスが来たのではないかしらん!?

とうとうやったよ!ギリシア悲喜劇!

悲劇のほうは、エウリピデス『バッコスの信女』を構成した鈴木忠志の作品。

わたしたちが読んだ1978年2月号の雑誌『新劇』掲載の(稽古途中の)台本は、

原題と同じ『バッコスの信女』というタイトルになっていますが

上演時には『ディオニュソス』になったのでしょうか。

そのあたり未確認ながら、資料はこちら

劇中に出てくる歌謡曲なんか調べたりしながら、しばしの休憩…

1498212847149
【本日のおやつ】

・ちゅうりん庵哲夫さんの梅の甘露煮(すっごくおいしかった!)
神戸から送られてきたクッキー
・ラベンダー紅茶


休憩の後は、わたしも初体験のギリシャ喜劇。

アリストパネス『雲』を選んでみました。

喜劇というのは、初見で読んで笑わせられるほど生半可なものじゃないんだけど

どうやれば面白くなるのか想像できたし、

なんというか、古くない。

ほとんど江戸落語くらいの懐かしさ。

わかるってことが、衝撃。

どれだけ人間って、変わってないのか!

アリストパネスって、紀元前400年前後の人なんですよ。

そんな昔の人の書いた、こんなショーもない(失礼!)劇が、なんで残ってるの?

考えると不思議でふしぎで、気が遠くなりそうでした。

というわけで、ギリシア劇、素晴らしいな!楽しかった!

〈えんげき〉のじゆうじかんのやり方で、

じゅうぶん楽しめることが確認できましたので、

これからはもっと大きな作品も、果敢にとりくむことを誓います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

枯れた花を摘む

ターシャの映画を見てきた。

満足。

夕方、ラベンダーの切り戻しをしながら、なでしこの枯れた花を摘む。

満足。170622_185802_2

夕焼けの空に、ねむの花がきれいだった。

ねむはいつ咲くんだっけ、と毎年春になると思って

この季節になると毎年、驚きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

わからん堂しんぶん25号できました

170621_211403_2
今号のテーマは

【「記憶」”忘れない”を考える。】。

夏至の日の大雨の音を聞きながら

つくりました。

まだ読んだことなくて

読みたい人は

お気軽にお申し付けください。

すぐ送ります。

雨上がりの夕焼け

とてもとても、きれいだった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

ひみつのかんげき

本日午後、都内某所にて、小説家・大鋸一正さんと劇作家・阿藤智恵、ひみつの観劇してまいりました。

9月の『愛についての21の断章』に出演してくださる松本予右介さんの、進行中の新作のリハーサルでした。

かんげきの後に、意見を聞いてくださるじかんがあって、出演者、スタッフの皆さんとお話しできた。

お芝居はやるほうも見るほうもたいそう集中力を要求される内容でかなり疲れたけれど

そのあとのおしゃべりタイムがさわやかで、あー楽しかった、といって帰ってきた。

松本さん、いい仕事してるなあ。一緒にげきを作るのが楽しみだなあ。

貴重な場に参加させてくださって、ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

生まれ変わりの空

4か月かよった「ゆっくり小学校」に比べて、週末の2日間は、宿題もなく、実に「ゆっくり」した時間が持てたのですが、とっても濃くて、たいへんな2日間でもありました。

今日は、何度起き上がってもふらふらして、結局2時半まで寝てた。

生まれ変わった気分。

170619_190101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

ゆっくり小2日目

ゆっくり小2日目
おひるはサンドイッチ。

雨も楽しく快い戸塚善了寺 聞思堂での2日間。

楽しかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

ゆっくり小に再入学

ゆっくり小に再入学
給食は67歳にして初おにぎり!というクラスメートの作品。

ゆっくり小の給食でおにぎりのときは、自分のを握らないで誰かのために握り、誰かに握ってもらうのです。

おいしかった。

楽しかった。

盛りだくさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«絵本シアター一座、集合!