2018年5月26日 (土)

のらしごとから台所仕事へ。

ほんの少し空いた時間に、できるだけの

のら仕事をするのが日々の楽しみ。
昨日は、花盛りを迎えつつある紫陽花の周りを
少し刈って、息がつけるようにしてやりました。
いろんなものが生えてますけど、
いちばん大きな顔で繁茂しているのは、ふき。
そのまま打ち捨てるには、いい香り。
少しだけ持って帰ってきたのを茹でて、炊いて
180526_1340_35
薄味の煮ものじゃなくて、佃煮が食べたかった。
初めての佃煮は、昆布とえのきと、山椒の実も入って
ご飯がいくらでも食べられちゃう。
お醤油やみりんを使わないで、
あまりものの昆布の佃煮を放り込んだのが
ちょっと多かったかな。
煮詰めるのを途中でやめて、おいしいおつゆがいくらか余った。
今日もこれからのら仕事に出て、ふきを足そうと思います。
 
引越しを機に、おもいきって修理に出した食卓のテーブルが
今日の昼過ぎ帰ってきました。
いい色、すてきな手触りに仕上がって幸せ。
仮置きの状態で4か月暮らした食卓まわりを
また一から配置しなおすのに、頭がくたくたに疲れました。
決定的な配置ができていないけど、もう限界。
こういう疲れに、一番いいのも、のら仕事。
いってまいりまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

5月のてしごとくらぶ その1【わからん堂しんぶんできました】

いつのまにか、てしごとくらぶのみんなが、全員、わからん堂しんぶんの読者になってくれていて、今日は、てしごとくらぶの集まりが、なぜかしんぶん作業になってました。
みんなありがとう!
作業優先にしないで、ぜんぶできなくていいから、大事な相談事をしてねと言ったのに、しゃべりながらはできない、と言って、集中してやってくれました。
うわーん、みんなありがとう!
 180524_1533_57
てしごとくらぶの集まりは今月、もう一回あります。
その時は、かぎ針編みを教わったり、する予定。
 
【わからん堂しんぶん第30号 できました】
今号のテーマは「おかね」。
いつもながら読み応えのあるしんぶんになってます。
読んでみたい方、お気軽にお申し付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

書斎を移動【引っ越しまつり続く】

暖かくなったら、すぐに実行するはずだった書斎の移動が、

今日になった……
季節を迎えるしごとが後手後手に回っていることを、
気に病むまい、と思う雨の日。
昨日までに蓄えた電気で、
わからん堂しんぶんを作っています。
Hurehure
野良仕事をやすむほどの降りでもないけど、
今日は、やすんじゃった。
昨日は、棉の種をまいた。2回目。
 
師匠の畑で、きゅうりの苗がだめになったから
わたしの、作りすぎた苗が役に立ちそう。
さっき届けたら、立派な苗、ととても褒められた。
人生に、無駄はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

川を渡る

いつぶりかわかんないけど、差し迫った〆切や、大きなイベント、公演がない、「缶詰度」の低い日々が、ゆるゆると訪れてます。

ああ本当に、これは久しぶり。
ひさしぶりでひさしぶりで、う、う、う、うれしい。
180521_1223_01
自転車に乗って、川を渡って、絵を見に行ってきました。
絵を見て、ごはんたべて、お友だちの家に行って、おしゃべり。
いったん家に帰ってから、畑に行って、棉の苗を植えた。
すばらしい月曜日。5月は、こうでなくっちゃ。
 
明日やりたいことは、
ゴーヤの苗を植える。
きゅうりの畑をつくる。
わからん堂しんぶんをつくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

ふるさとへ宇宙旅行【渡辺菊乃&新野伽留那 動く島 増える島】

本日、2回目の「増やす島ワークショップ」。

渡辺菊乃さんが、「ベロン技法」と名付けた、新野伽留那さんの楽しい技法を使って、好きなように「島」を作ります。
なにが「ベロン」なのか、見に来た人、体験した人はすぐにわかるけれど、ことばでそれを説明するのは難しい。
だからこの日記を読んでいる方のほとんどが、「なんのこっちゃ」だとは思いますが、わたし、この技法、どうも性に合っているらしい。
実は、「ベロン星人」だったんじゃないかと思うんです。
ここは地球ですから、地球的な観点で見て、上手な、とか、巧みな、とか、価値がある、絵がつくれているかどうかはわかりません。
けど、なんというか、ふるさとかなーという、感じ。
で、2回目の講習を受け、いくつかの「ベロン島」を作った感想は、「疲れた…」なのであった。
楽しいのは楽しい。
でも、ほかの地球人の皆様が「ストレス解消した」「最高の気晴らし」などとおっしゃっているような、ことにはわたしはならない。
だってふるさとの遠い星に、たった3時間で行って帰ってくるような、これは体験なのですもの。
瞬発力をものすごく発揮した後は、宇宙旅行のあとってこんなのかな?って思うくらいに、どっと疲れるんです。詩作を舞台上でおこなった「詩人の家」の疲れに、似ていて、ああ、本当に、疲れるのです。
Image1_7
2回のワークショップが終わって、「動く島 増える島」はこれで完成。
展示期間が延びて、6月1週目まで、やっています。
どうぞどうぞ、お越しください。

★   ★   ★

 
画家・渡辺菊乃 新野伽留那  

詩人・阿藤智恵

【動く島 増える島】

本日~6月1週目ぐらいまで
   (小田急線読売ランド前駅すぐ)
★お店の営業予定はサイトをご覧ください。
 ムビリンゴサイトはこちら
 5月の営業予定はこちら
★夕方のご来店の場合は、営業時間内でもお店を閉めることがあります。電話で確認したほうが確実です。Muviringo1805dm_1_3
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

5月の土曜日には

180519_125630_2
緑のなかで、いただきまーす。

本日はコーヒー売りのお仕事でした。

いやー、疲れた!

でも、楽しいんです。

楽しかった。

今日の出店は、こんなところでした。

お昼は、隣のブースで売ってたビリヤニ。どうも大好物らしい(手のモデルは、うさ子さん)。

明日は、画家二人のワークショップ2回目。

まだ、参加できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

いよいよ梅雨ですよね、これ。

紫陽花、咲きだしました。

この空気、明らかに、梅雨ですよねこれ。
ええ、ええ、いいんですよ、べつに。
低気圧メランコロジーですけど、いいです。
なすがままですよ、お天道さまの。
180518_1649_33 母の日の13日が雨で、とんでもなくお祝い気分じゃなかったので、おかしを焼かずに過ごしちゃった。
 
去年は、とっても時間をかけて、作ったことのないお菓子に挑戦したから、ことしも同じくらい珍しいことをしたかったけど、我が師匠であるところの母は、どうしてもアップルパイがいいと言ってきかない。
 
アップルパイは、秋冬のお菓子だし、冷凍パイシートを使うのであれば、もはや簡単すぎてなんの気合もいらない。
 
そんなのつまんない、と言ったんだけれど、冷凍庫にあるパイシートを使ってしまいたいんだとか。
 
そんな理由で作るなら、何でもない日にすればいいのにー!とがんばってはみたが、あくまでも主張を曲げない師匠。
 

焼きました。180518_1649_54

そんなに言うなら、しょうがないものね。けど、ちょっとは特別にしたい。必要ない気合を、ちょっと入れた。
 
秋に手に入れてから大事に大事に冷蔵保存していた秘蔵のグラニースミス。皮付きのまま赤白のワインどばどば注いで煮りんごにした。
お砂糖はほんの少し。シナモンとレーズンをふーんだんに。
 
曇り空で暗かったから、写真はうまく撮れていないけれども、かなーり、おいしいアップルパイになりました。
 
気合いらない、とは書いたけど、ほんとはアップルパイはこれまで何度も作ったうち、ちょっと不本意な作品も、ありましたっけ。だから、得意なお菓子というわけじゃない。手順は大したことないけどドキドキするんです。
うまくいって、よかったです。
 
いつも、お祝いの食卓には同じ花器で庭の花を飾るから、同じお祝いには、同じ花になりがち。
でも、今年はずいぶんと違う。
去年は、こんなの。 えごの花が咲いていたのか!今年は、もうとっくの昔に、終わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

これはもうさつきぢゃないんぢゃないか【祝・発電再開!】

思うに、これはもう、梅雨なんですよきっと。

晴れやかな爽やかな初夏は、もう終わったのですよ。
昨日はまだ生きていたネモフィラ、今朝見たらぱたりと終わってた。
6月までの花のはずだったんだけれど、蒸し暑すぎるんだろう。
そして夾竹桃が今朝から咲きだしました。
 
イベントラッシュが日曜日に終わって、やっと、家ですごせるようになって、月・火・水と好きなだけゴロゴロしたら、今日はとうとう、引っ越しまつり再開の機運がやってきました。
半分以上あきらめかけていた庭の片付けができて、太陽光発電が再開しました。蚊にやられながら、汗をぽたぽた垂らしながら、働いて気持ちよかった。
めでたいです。
今、これ、太陽エネルギーで書いてます。
じつにめでたいです。
 
庭仕事たくさんして汗かいて洗濯してから図書館へ。
ぶらぶらと館内を歩いて、気になった本を借りる、みたいなことも久しぶり。
師匠の庭に借りてる畑の草刈りもした。
働いて楽しい一日。
たいへんに忙しくって夾竹桃の花の写真を撮るのを日が暮れるまで忘れてました。記録のために、1枚。
180517_1933_28
いいことばかりじゃなく、かなしいこともあった。
近所の園芸店が、閉店してた。
毎年、頼りにしているお店だったのに。
ネモフィラが消えたかわりに、何か青い花がほしかった。
しょんぼり。
 
太陽光でつくった明かりで、今日借りてきた本を読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

ちいさな庭の楽しみ

180516_1341_32

ラベンダー以外は、かってに生えてきてくれたハーブたち。
ミント、レモンバーム、カモミール。
 
ついでに、先日のわたしと師匠の収穫、記録のためにあげとこっと。
180513_0850_34
立派に見えますが、ミニサイズです。
意図的に、ミニサイズにした、というわけじゃないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

5人と1人【渡辺菊乃 新野伽留那 動く島 増える島】

菊乃さんと伽留那さんの、親しい画家の皆様が、作品展を見に来てくださいました。

画家たちの食卓に、いつのまにか参加していた詩人一人(=ワタクシ)。
180515_2012_56
アジアンビールから始まり、白ワイン、赤ワインと進むにつれ
ますますゴキゲン度が高まっていく画家の皆様に囲まれながらも、
お酒をたしなまないワタクシは、へらへら笑って過ごしました。
 
面白かったぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雨の滴とコーヒーと