« はんだいデビュー【「えんげき」のじゆうじかん】 | トップページ | 水曜日の冬眠日記 »

2014年2月 4日 (火)

詩人の家だより 2月4日火曜日

1ヶ月で練習した詩が30篇、
おまけとしてモノローグがひとつで
ちゃんと、合計31篇になりました。
ほんとは、練習しなかった日もあるのですけども。

140205_081901

なんでも練習すると、それなりに習得できることがあるもので
いえ、詩はうまくなってはいないと思うけど
だんだん、詩人の家というのがなんなのか、わかってきた気がする。
(え、わかってないで題名つけたんですか。ええ、まあ、そういうことなんでしょうねえ)

31個のタイトルを、全部ここに書いておこう。
 
「ホルモン」「ゆるし」「海」「今、ここ」「みかん」「図書館にて」「モノローグ」「痛む背中」「ボーダー」「東京ソラマチ」「残酷さについて」「時間」「錯覚」「悲しみ」「嫉妬」「忘却」「寓話」「誰もわかりはしない」「愛しい人について」「何のために」「結論」「信じる」「非常事態」「コロッケ」「明日の朝仙台へ行く」「暗がりの中で」「厳冬の夕暮れ」「陽光」「眼」「波平さんの新しい声が気になる」「戦争前夜」
……明日から、また新しい1ヶ月のはじまり。
続けます、一日一篇。
よろしかったら、お題、ください。
お題の出し方は、上を参考に(つまり、なんでもいいってこと)!
 
◆ ◆ ◆
 
いよいよせまりつつある都知事選。
どうぞ、よろしくお願いします。

Photo

« はんだいデビュー【「えんげき」のじゆうじかん】 | トップページ | 水曜日の冬眠日記 »

コメント

なんでもいいのなら、おまかせください。では早速、「突然変異」。ところで、先日、詩のタイトルについての面白い論文を読みました。タイトルが無い詩(つまり、出だしが、仮の名前みたいになってる)があるかと思いきや、タイトルと本文が互いが互いの謎解きになっているような関係にあるものや。お題はどのように暑かって頂いてもかまいません。

投稿: ATP | 2014年2月 6日 (木) 11時02分

ATPさま
早速ありがとうございます。
1年2ヶ月、毎日練習する予定ですので、今後ともなにか思いつきましたらいつでもおよせくださいませ!そのうち、タイトルと本文が謎解き関係……?というような凝った構成のものも……できるように……できるかも……なる……かも……

投稿: 阿藤智恵 | 2014年2月 6日 (木) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詩人の家だより 2月4日火曜日:

« はんだいデビュー【「えんげき」のじゆうじかん】 | トップページ | 水曜日の冬眠日記 »