« くるくる曜日 | トップページ | 本日の日記 »

2016年3月 6日 (日)

くさをたべる【詩人への道】

『詩人と森の歌の部屋(焚き火付き)』が近づいてきて
自らを詩人に改造すべくがんばっているんです。

え?

1月の『詩人とピアニストの部屋』で、
阿藤智恵は詩人を自認することにしたんじゃなかったっけ?

そうなんだけれども。ちょっとそれだけじゃなくて。

説明するのはややこしいから詳しくは書かないけど
わたしがわたしを詩人と認定するのは
どういう基準でするのか、ということが
あらためてわかんなくなって、七転八倒してました。

3月1日に春の書斎を作って
翌日から詩作の訓練をするつもりで
お題を大募集したんだけれど
お題はさっそく、大量に集まってきたんだけれど(感謝!)

かんじんの「詩」がわかんなくて
考えても考えてもだめで

いちにち、一日と過ぎて行って

どうにも書けなくて

でも今日は、書いた!

書けるようになったのは
きのう、森のくるみを食べて、
きょうは、庭の草を食べたからかな。

と、思うんです。

160306_111302

庭のパンジーのプランターに、盛大に生えそろってきていた
はこべを湯がいて、お味噌汁に。

それから、前髪を切ったら、おお、だいぶ詩人な気分!

 (髪を自分で切るようになると、
 髪を切ること/伸ばすことと、
 農業/園芸はそっくりで、
 森を眺めるように、畑を世話するように
 鏡の中の自分を見るようになった。
 森や畑のいきものをいただくことと、髪を切ることは同じ。
 詩人にとって、とても大切なことみたい)

そういうわけで、記念すべき詩作再開第一歩。

今日は、今回のお題募集でまっさきに届いたお題で
「にんにくそば」。

……むつかしかった。
書いた詩は、非公開。

★『詩人と森の歌の部屋(焚き火付き)』の詳細はこちら

« くるくる曜日 | トップページ | 本日の日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くさをたべる【詩人への道】:

« くるくる曜日 | トップページ | 本日の日記 »