« 終わりました【詩人と森の歌の部屋】 | トップページ | ロングラン公演、終了! »

2016年3月21日 (月)

詩人と森の歌の部屋(焚き火付き)ご報告その1

Dsc_1076_2

今回の「詩人の部屋」はこんなにひろびろとした部屋です。
天井は高く、景色は良く、風通しも抜群!

ここを舞台に、まずは二人の俳優による小さなお芝居をご覧いただいた後、

いよいよ、『詩人と森の歌の部屋』。

Dsc_0661

写真は、詩人がひとつめの詩を書く間、新曲を披露してくださっている森のシンガーソングライター 証さんです。(撮影:三浦千枝さん)

歌があろうと、おしゃべりが入ろうと、話しかけられようとめげずに、詩人は詩を書きます。

書きあがったら、すぐ、証さんがその詩に曲をつけて、歌います。

これが、なんともいい曲なのです。

2度目の演奏が行われることのない、その時だけの森の歌です。

焚き火はあるし、持ち寄りのごちそうはあるし、食べてるうちに次のごちそうが登場するし、河はあるし、いろんなものは落ちてるし、みんなは、歌を聞くやら、食べ物に群がるやら、駆け回るやら大忙し。詩人とシンガーソングライターも大忙し。

『芽』『森のかこ(過去)』『もうすぐ一年生』『そよ風』

4つの歌ができたところで、しばし休憩……

皆さんの中から、「詩を書いてみたい!」の声が上がり

さいごにひとつ、みんなで書いてみることに。

Dsc_0684

お題は『つくし』

みんなで1行ずつ、書いていきます。

書きたいけれど、むずかしいな……の子どもたち。

Dsc_0686

ここはお母さんが書きますよ。

出来上がった詩を、証さんのリードで、みんなで1行ずつ歌います。

愛いっぱいに、空へ、光へ、未来へ向かってにょきにょきのびる、

元気な『つくし』の歌ができました~!


Dsc_0687『つくし』

ぼくたちつくし

春の子供

まってたよ

愛の喜び

愛の悲しみ

これからだ

大きくそだって

空に向かって

未来にはばたく

光に向かって

にょきにょきと

(執筆の都合上、2枚の紙は上下が逆に貼られてます)

書いて歌った人……阿藤智恵・三浦千枝さん・すーさん・じゅんちゃん・ほそださん・なおさん・りえさん・ゆうちゃん・ケニーさん・なおこさん・ゆうこさん。

お題をくださった人……三月うさ子さん。

« 終わりました【詩人と森の歌の部屋】 | トップページ | ロングラン公演、終了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詩人と森の歌の部屋(焚き火付き)ご報告その1:

« 終わりました【詩人と森の歌の部屋】 | トップページ | ロングラン公演、終了! »