« 第10回JAZZ&お話ライブへあと18日 | トップページ | 晩夏の罠 »

2016年9月 8日 (木)

さよなら、おうち

22_2_2

昨年3月に上演した『詩人の家』。

劇場でお預かりした詩のお題のうち

返送用のご住所を書き添えてくださった方々のための詩を

本日、先ほど、書き終えました。

さて、お題は全部でいくつあったのでしょう

百には満たなかったと思いますけれど

こんなに、かかってしまったのは

まさしく「スランプ」というやつに

怖ろしく見舞われていたからなのでした。

書き終えて、ひとりで喝采。

ながい、長い間、書けないで辛かったけど、

それでも、もしかしたら、お題を抱えているのが

好きだったのかも、しれません。

思い出してみたら、この1年半、詩の練習を始めてからは2年と9か月、楽しかった!

小さな家を出て、扉をぱたんと閉める前に

おうちの小さなおじいさんにさよならを……

このさきも相変わらず、詩は書き続けるのだけれど

(当面は、『なにか大切なこと』でお預かりしたお題がたくさんあるのだけれど)

スランプさんとの長い共同生活に、ひとまず、ピリオドです。

ありがとう!詩人の家!

Photo_2

« 第10回JAZZ&お話ライブへあと18日 | トップページ | 晩夏の罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、おうち:

« 第10回JAZZ&お話ライブへあと18日 | トップページ | 晩夏の罠 »