« 詩人と音楽家たちの部屋 | トップページ | 公園公演、前日【絵本シアター「森でおはなし」】 »

2016年11月11日 (金)

木曜日の詩人と画家の部屋

昨日のつづき、詩人と画家の部屋の話です。

音楽家たちとの部屋を開催したカフェ・ド・シュロと、

画家との部屋ムビリンゴは、歩いて3分くらいの距離。

コンサートの前や、終わった後に、こちらにも

たくさんの方が、展示を見に来てくれました。

わたしは、みんなが来る前に行って、

絵を見てお客様がつけてくださったお題で描いた詩を2点、

貼りだしました。

161110_123102同じ絵に、違うお題。

それぞれの詩。

お題がついたぶんだけ、書きたいと思っているんです。

そうこうするうちに、一人、また一人とみんながやってきて

絵と詩を、ぜーんぶじっくり見て、読んでくれた人

最初の1、2枚を見ただけで胸がいっぱいになってしまって

ぜんぶは見られなかった……という人

それぞれの居方で、みんなが思い思いに過ごしてくれた詩人と画家の部屋。

やがて日もすっかり暮れたころ、画家は描きはじめるのでありました。

161110_192901_2みんなに取り囲まれて

あーだこーだ言われながら、質問に答えながら

惜しみなく技法を披露してくれる画家・渡辺菊乃さん。

一作かくのに時間がかかるから、と、

お店に来るたびに作品を残していく菊乃さんに

コンサートの途中で万年筆がぶっ壊れかけた詩人は

ちゃんと追いついて、最後までに詩をそろえることができるんだろうか……

ちょっと、心配になってきた。

161110_193001飲みながら、とか、食べながら、とか、おしゃべりしながら

描いたことなんかない、だいじょうぶかな、と言う菊乃さん。

ホントかな?と思うくらいに、滑らかに工程が進んでいきました。

ずっと見ていたら、うーん、むくむく、真似して描いてみたくなった!

菊乃さんのようにイメージをさきにもって、

思い通りの絵を描くことは誰でもはできないだろうけど、

ああしてやろうとか、こんなものを描こうとかを思わずに、

なるがままに手を動かしていたら、何かは描けるでしょ。

そういう描き方でみんなで、最初から最後までお互い共有しながら描いて、

他の人の絵に題をつけたり、何が描かれてるかを勝手に解説しあったり

そんなことして遊びたいなあ。やりたいな。まちがいなく楽しいはず。

やりたい人!このゆび、とーまれ!

3人集まったら、画家と交渉します。

●  ●  ●  ●  ●

渡辺菊乃&阿藤智恵
『詩人と画家の部屋』

11月1日(火)~30日(水)

  画家が投げたお題で詩人が書き、詩を読んだ画家が描く。
  または、詩人が投げたお題で画家が描き、絵を見て詩人が書く。
  あるいは、絵を見た人がお題を投げて詩人が書く。

  そんな、お題と、詩と、絵の展覧会。

●会場:ムビリンゴ:小田急線読売ランド前駅すぐ、小さなアジアンカフェレストラン(おいしい)。ランチタイムとディナータイムに営業。午後、しまってる時間帯あります。日・月不定休。そしてお休みの日には、ラーメン屋さんが営業してたりします。サイトを確認の上、お越しください。

« 詩人と音楽家たちの部屋 | トップページ | 公園公演、前日【絵本シアター「森でおはなし」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木曜日の詩人と画家の部屋:

« 詩人と音楽家たちの部屋 | トップページ | 公園公演、前日【絵本シアター「森でおはなし」】 »