2019年10月 2日 (水)

えんげきのじゆうじかんをしました

今年も大阪の高校生たちと

えんげきで遊ぶ事ができました。

Img_20191002_133058

えんげきの前にはカードゲームも。

えんげきより数倍あたまを使って疲れた!

Img_20191002_171450

| コメント (0)

2019年6月13日 (木)

名古屋であそぶ【次の日】

昨日、到着してすぐに観光案内所でもらった地図を、今日も握りしめて名古屋の街を歩きました。

そのあたりまでいったら何かにありつけるだろう……と、朝ごはん抜きでさまよった四間道にて、ごはんに巡り合えた喜び。Pap_0452

ありがとう、喫茶ニューポピー!お礼の気もちで、こちらのブログにリンク貼っときます。

また来ます、と言いたかったけれど、今度いつ名古屋に来られるかわからない。

今度はバスに乗って、名古屋城を眺めてから、徳川美術館

見終わって外に出たら「あー楽しかった!」って言ってしまった。

ここは「初音の調度」が大好きなのですが、今回、展示品の中で一番好きだったのは、徳川宗春さんの「銀蒙流筒形甲冑指物 」

感動したなあ。歴史上の人物に「さん」をつけてよぶの変だけど、圧倒的に親しみを覚えてしまったんだもの。写真が見せられないのがざんねん。

190613_115101

徳川園は花ショウブや水連がうつくしかった。

190613_115502

それから、ここにも行きました。

Pap_0453

文化の道 二葉館。

Pap_0455

こんな便利な現代に生きているのに、「海外旅行なんて到底いけない、メンドクサイ(!)」と思ってしまう怠惰なわたしにとって、この方々の生き方は眩しすぎてクラクラ。でも、そんなわたしでいいんだよなあ。なかなか動けない人と、どうにも腰を落ち着けられない動き回る人が、たまたま隣り合って交流するから、人間っておもしろい。わたしには、名古屋あたりが精いっぱいだわ。

うろうろあたりを歩いて、お昼を食べて、お土産買って家に帰って、犬の散歩をしたら、今日も歩数計は15000歩を越えてました。

あー、楽しかった!

| コメント (0)

2019年2月14日 (木)

まとめて日記

9日(土)

大阪から姉と甥が来て、クリスマスから私の冷凍庫にずっと暮らしていた鶏を焼いてもらった。ローストチキンをさばく仕事をやらせてもらうようになって初めて、ウィッシュボーンがとれた!最年長と最年少でひっぱりっこして、88歳の願い事がかなうとでました。

10日(日)

母の誕生日だけど、それとは関係なく、神戸へ。大事な友人たちとの集まり。 

11日(月)

大阪へ。入院中の伯母を見舞う。不死鳥のような伯母さん。わたしたちの大好きな伯母さん。こちらのほうが元気をもらって帰宅。

12日(火)

ムビリンゴへ。「ふきんいろいろ」展に二人の作家が新たに搬入。休業日なのにあけてもらったうえ、特別にランチを作ってもらう。いろんな味が楽しめるワンプレートでおいしかった。おなかがすきすぎていたので、写真はこんなふうにしか撮れてない。190212_1222_52

 

13日(水)

わからん堂しんぶん編集作業に着手。

14日(木)

バレンタインデー。恒例のチョコレートケーキを焼いた。写真が撮れなかったけど、上出来だった。しんぶん編集の続き。明日、発送まで行けるかな。寂しいからなんでもない簡単ご飯の写真を載せとく。鮭と三色野菜のパスタ。

190214_1841_01

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

作家とランチ、作家とおやつ。

雨だった水曜日。

ハリエッタちゃんと一緒にバスに乗って、山一つ向こうのカフェまで、てしごとくらぶのメンバーでもあるどんぐりさんの作品展示(詳細はこちらをクリック)を見に行きました。

190206_1157_54_2
このごろ外食が多い私の体が喜んだ「農家のめぐみごはん」
なんてすばらしいんだろう。800円。
 
さて、どんぐりさんの作品と出会ったのは、たぶん5年ほど前。
 
木の実のクラフト、木の実と布を組み合わせた生き物たち、
あちこちで苦労して集めた蔓や枝を使ったかごものたち、
炎天下の海で集めたビーチグラスや流木、貝殻の世界、
たくさんの作品を見てきました。
 
どれをとってもどんぐりさんらしい。
けれど、見続けていると、どんぐりさんらしさ、には変遷がある。
 
今回もまた、新境地の作品群があって
当たり前の組み合わせのようでいて、革命的にすごいことだと思った。
 
人って、生きていると、なんか、「顔を使い分ける」ってことをするじゃないですか。それ自体は悪いことでもなんでもなく、まったく良いはずなのだけれど、使い分けた「顔」に、こちらが使われたり、束縛され始めると、しんどいことになっちゃいませんか。そういう不自由さが、知らないうちに、毎日、いっぱい生まれていませんか。
 
どんぐりさんの新しい作品群は、なんだか知らないうちに自分で自分を不自由にする、そんな束縛から解き放たれて、世界ってつながってるよね!じゆうだよね!って感じさせてくれるようで、ぱっと明るい気もちになった。嬉しかった。
だから、一つ、購入したいなあと考えてます。
考えてますが、会期始まってすぐに売れてしまうのも、
なんだかつまらないので、もしも売れちゃったら
新しく作ってもらうことにして、予約はいれなかった。
作家がお友だちだと、そういうとこが、うひひ。
(お友だちじゃなくても、作品展に行って注文すると
ちゃんと作ってくれるはずですが)
 
午後はまた、ハリエッタちゃんとバスに乗ってムビリンゴに移って、関根好香ちゃんによる、自作の解説を拝聴。作品だけあずかって展示はしたものの、メンバーの間でも、「これどうやってつくってあるんだろう?」と意見が分かれ、真相やいかに?と気になっていたもの。
190206_1503_23そっか!わたしの推理、間違ってた!ごめんなさい!
 
作り手の話を聞くって、面白い。
1枚の作品の中に、その人の世界が現れている。
こうしようと思ったけど、こうなっちゃった、っていうこと自体が面白くて面白くてたまらなくて、いつまでも話していたかったです。
 
人はだれでもアーティスト、創り手で、
ただの「お友だち」、としてでもお付き合いできる人を、「特別な創り手」として遇する場をつくれるということは、こんなにも豊かなこと。
 
ほんとうはみんな、誰でも、その人なりに器用で、
その人なりに不器用で、その人なりに柔軟で頑固で、
だから、どんな人も独創的で固有の存在で、
どんな仕事、どんな日常茶飯の雑務をしていても、
何を着てどんなふうに歩いていても、どんな風に黙っていても
それらはすべて表現であって
どんなふうにも、埋没するはずのないことなのだけれど、
なかなか、その表現はみえてこない。
 
だから、てしごとくらぶが、本当に大切に思えるんだな、わたし。
【てしごとくらぶとお友だち「ふきんいろいろ」展】
2月1日~3月5日@ムビリンゴ
営業時間がちょっと不定期です。ご確認ください→電話044-299-6858)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

こっちでも密談?

いえ、べつにこれは、密談ではないです。

砂の上の企画の麻生素子さんと、おしゃべりしてきました。
190203_1536_35
実のある会話。
「ほんとうのこと」を話すのは、たのしいなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

小さなてしごとくらぶ

もともとてしごとくらぶは小さいけども、

今日はさらに小さなてしごとくらぶ。
 
つまり、一人でちくちくしました。
 
それじゃ、いつもと同じのようですが、
家でひとりなら「くらぶ」ではないわけで
「くらぶ」のゆえんは、お友だちと一緒に、いたからです。
 
来月の「ふきんいろいろ」展に参加予定のよしかちゃんと
ムビリンゴで、よしかちゃんは3時にやってきてランチを食べ
わたしはちくちく、しました。
おしゃべりもたくさんしたけど、てしごとも、はかどった。
写真を撮ったつもりだったけど、保存されていなかった。
 
てしごとは、たのしいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

わからん堂アンケート、できました。

1月のわからん堂アンケート、できました!
~~~~~~~~~~~
1>食べ物や薬で、できれば敬遠したいなと思うものはありますか?
2>できれば敬遠したいけど、摂取しているものはありますか?
3>差し支えなければ、それは何ですか?
4>健康法や治療法などで何を信じたらいいか分からなくなった(もしくは、分からなくなる)ことはありますか?
5>そんな時はどうしましたか?(もしくは、どうしていますか?)
~~~~~~~~~~~~~
〆切は1月31日(延ばせます)♪
長いお答え、短いお答え、なんでも構いません。ピンときた項目だけお答えくださればOKです。
しんぶんに掲載するお名前をお書き添えのうえ、お気軽にご参加ください。
◆  ◆  ◆
関係ないけど今日の日記。
会うたびに不思議なご縁を感じるお友だちNさんとおしゃべりの日でした。
190123_1231_02人生ってふしぎ!素直に驚愕するしかない。
190123_1348_01

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

なめくじどんのおはなし

つくろいきのこを送ってくれたなめくじどんが、おとといの日記を読んで、おはなしを送ってくれました。

◆   ◆   ◆

あっはっは!まさにそのとおりのことが 起こったのじゃ。

絵描きで壷焼きの庭師ういりあむが 礼拝堂でねていると お賽銭箱のなかで にょきにょきと 音がした。のぞいてみると きのこが生えておった。

しっとりどんより を求めて はるばる旅をしてきた なめくじどんに贈ったが、なめくじどんは すでに お気に入りのきのこをみつけておった。Kinoko

ある日 なめくじどんが その下で うつらうつらしておると 秋の幸に舌鼓をうつ みどりのかっぱが見えたが あろうことか!こんがり焼けた松茸を しぶしぶ 古びた穴あきくつしたにかぶせて なにやらごそごそやっとるではないか。

そのわびしい姿に心打たれたなめくじどんは 庭師ういりあむの見つけたきのこを みどりのかっぱに贈ってやり、お礼に みどりのかっぱは とおい とおい 雪ぶかき北の国まで泳いでいく魔法のことばをおくりかえしたとさ。

むかしむかし、きょうこのごろのはなし。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

求めよ、さらば与えられん

むかしむかしあるところに

針仕事の好きなかっぱがおった
Chikuchikukyuuriかっぱは縫い物がしたくてたまらないが
縫わなくてはならないものがない。
ひつようもないのに布っこを買っては切るのも
神様に申し訳が立たんと思ったので
穴の開いたずぼんや
穴の開いた靴下を
大事に大事に繕ってはくことにした
繕いものの仕方をあれこれと勉強しておったところ
広い世界には繕い物専用のキノコがあると
小耳にはさんだのであった
おりしも友だちのなめくじが欧州を旅しておった
かっぱは友だちに念を送った
どこかに繕いキノコが生えておったならば
おいらのために手折ってきておくれ
そうしてイギリスの片田舎
古びた礼拝堂の賽銭箱から
にょきっと生えたところを
採取されたのが、このきのこであるそうな
190105_0933_31_1むかしむかしの、最近の話。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

おかいものとおしゃべり

おかいものとおしゃべり

ラベンダーもローズマリーも花盛り、いい香り。
おかいものとおしゃべり

なんて美しい野菜たち。
おかいものとおしゃべり
楽園の一日。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧