2018年3月20日 (火)

春はおたよりの季節……

4月、アコーディオンと、絵と、詩のライブを2本やります。

これがもう、皆様に来ていただきたくて仕方なくて
先月出したばかりのごちゃごちゃ通信を、
また、出す。
でも、今ちょっとほかの仕事もあって
どうしても助っ人がひつよう。
で、今日は強力な助っ人が二人きてくれて
作業まっしぐらの午後になりました。
おふたかとも、ほんとによく働いてくれて、ありがとう!
Kimg0262
ご飯は、パンいろいろと、コーヒーと
あったかいスープと、サラダ。
スープの中身は、
新玉ねぎ、まいたけ、ピーマン、コーン、ベーコン
サラダの中身は、
レタス、のらぼう、トマト、ハム、レーズン、りんご。
 
あと、おやつには
餡バターサンドと、狭山茶と、なぜか、糠漬けのキャベツと、ぽんかん。
それくらいだったかしら。
 
作業はつづく。
木曜日にも、また別の方が助っ人に来てくださることになりました。
感謝なり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

祝・千秋楽【関係―未来/愛について】

あー!楽しかった!

3回の公演に集ってくださったたくさんのお客様、
「見る人」に来てくださった方々、
トークゲストの映画監督のみなさま、
いつも大きなカメラをもって取材にきてくれたUさん、
げきづくりのスタジオを貸してくださったNOKOさん、
公演会場scoolの土屋さん、
美しいチラシをデザインしてくださったIさん、
いつもおいしいコーヒー届けてくださったNARUTO コーヒー 菅さん、
メンバーを支えてくれたそれぞれのご家族やお友だちや猫や犬やメダカたち、
小さいけれど簡単ではない特別な役を演じてくれた内山薫さん、
俳優であり演出家であったメンバーのみなさま、
初劇作、初演出で自分を出し切ってくれた大鋸一正さん、
すべての皆様に、感謝!

ありがとうございました。

Ainituite

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

祝・初日!【関係―未来/愛について】

今回の公演には豪華日替わりゲストをお招きしたトークがございまして。

おひとりめが岡本和樹さん。

公演の記録映像もとってくださっていて、早い時間から劇場いり。180316_133039

みんながお昼を食べ終わる頃、やっとカメラのセッティングを終えて、ランチしてくださるとこを、撮りました。

今日は自分でそれぞれ好きなように作るサンドイッチランチ。

180316_133050 パンは食パンや全粒粉パン、かぼちゃレーズンパンなど。

フィリングは蒸し鶏、ハム、チーズ、たまご、きゅうり、レタス、トマト、新玉ねぎ、にんじんラペ、うーん、そのくらいだっけ?

おいしかった。
自分で持っていったごはんをいつも感動しながら食べてるおめでたい私です。

芝居は今日は昼と夜の2回。

夜のトークゲストの越川道夫監督のお話もほんとに面白かった。

終演後、階下のリトルスターレストラン。
開演前に私はしっかり食べてたから、何も食べないぞと思ってましたが、やはり我慢できす。
ここの野菜料理は、もう、ほんとにおいしくて、平伏しちゃうんです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

拝啓 プリンタ様

公園での絵本シアター公演に向けて、夜なべ仕事に精を出した次の日、ぱたりと紙をすいこまなくなってしまったプリンタ様。すぐに病院にお運びしましたがなかなか連絡がなく、ずいぶんと心配しました。

待たされてまたされて、ようやく来たお返事は、プリンタ様はもう、生き返らないとのこと。新しいプリンタ様に、少々の金子を包めば交換してくださるとのこと。
短いじかんしか共に過ごすことのできなかったあなたを返してと言いたい気持ちを涙とともに飲みこみ、言いなりにお金を準備して、到着を待つこと幾星霜。
まだ、こない。
もう~。
慌てても仕方がないけれど、急いでお知らせしたいことがあって、お手紙を何百通もこしらえたいと思っているのに…
しょうがないからここですこし、お知らせをしますね。
Content_2
あのね、この公演、初日はちょっぴり先ですけれど、年内に私に申し込んでくださると、少しだけ特典、あるんです。
お友だちの皆さんは、メールや電話やSNSで、連絡ください。
 
プリンタ様、ほんとに短いお付き合いだったけど、楽しかった。ありがとう。大事にしているつもりだったのに、短いお付き合いしかできなくて、ごめん。次にいらっしゃるプリンタ様こそ、ほんとうに大事にします。
                             敬具
                             阿藤智恵

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

新しく懐かしい出会いへ【ドアを開ければいつも】

話せば長い話になっちゃうから、

興味ある人だけに直接話すことにするけど、

感慨深い出会いがやってきて、

『ドアを開ければいつも』が上演されます。

Content

なんだか、とてもとても、おもしろくなりそうな予感。

 
Content_1

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

夏の森で!やりました!【絵本シアター『森でおはなし』】

170709_112002
ここは、宇津木の里山。

心配したお天気は、曇りの予報で、いいぞ、と思っていたら、

雲がどんどん晴れていって、今朝は、快晴、猛暑、ということに。

また別の心配をしたけれど

みんな元気で、楽しく!できました!

集まって、セッティングをしたら、まず腹ごしらえ。

1499586328818
みんなの持ち寄りランチです。

ええと、何があったっけ、ゆでトウモロコシ、ゴパン(お米で焼いたパン)、手作り梅ジャム、きんぴら、こんにゃくの辛煮、蕪と豚肉の炒め物、おさかなフライ、夏野菜と豆のサラダ、鶏つくね、韓国海苔、ええと…これで全部、なにか忘れていないかな?

素晴らしい~。

Dsc_0023

今回の絵本シアター一座、メンバーは、親分ゆうちゃん、三浦千枝さん、Naoko♪さん、うさ子さん、いなこちゃん、さきちゃん、ひろき、わたし。

いなこちゃんとさきちゃんは、お客さんで来てくれたのに、何も言わなくても自然に全部てつだってくれて、はー助かった、助かった、助かった。

皆様のおかげでなんとか上演を重ねております『森でおはなし』です。

感謝かんしゃ!0709utsu3_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

劇団新生『中二階な人々』本日初日

名古屋にある七ツ寺共同スタジオに、とうとう行ってまいりました。
とっても歴史のあるスタジオです。
 
大阪でわたしが小劇場演劇とよばれるものに出ていたころ
いつも見に行ったり、時には出演したこともある小さな劇場は
今は多くが、もうありません。
 
でもここ、七ツ寺は立派にあって生きていて。
 
9.11のときには小学校に上がる前だったから、何も覚えていない……
とか
オバケのQ太郎、というまんがについて、何一つ、もはや、その噂さえきいたことがない……
という
若い演劇人たちが、リアルな演劇の夢を、
今も紡いでいるのでして
あー、劇場が長くこの世にとどまっていてくれることの尊さ!
 
公演は今日と明日の二日間。
でも数日前からほぼ満席の予約状況になっていまして
そんな中でわたしの席を作っていただくのは心苦しいですから
初日の前の日に、行ってきました。
「ゲネプロ」という、本番さながらのリハーサルを見るんです。
170407_155903  
駅前の大須観音にお参りして
商店街をぶらぶらして
170407_160901 富士浅間神社と七寺にお参りして
170407_162801 本願寺名古屋別院で見事な桜を見上げていたら
作家担当の(?)下村さんから電話。
すぐに劇場に行って、みてきました。
 
わたしはずっと、無意識のうちに
そもそもの最初から「世界平和」ということを目指して
演劇を志したと思うんですけど
この作品が、初めてストレートに、そのことを書いている作品です。
 
書こうとしたのではないんです。
これは、初めて作家として依頼されて書いたもので
それまでのように、なんだかわからないもやもやした衝動にかられて、
噴き出すように書いたのではなくて
ちゃんと、考えて、取材もして、時間をかけて、書いたのです。
 
でも、こうして何年もたってみると、
一番やりたかったことが、
一番言いたかったことが
噴き出すように、書かれていて、
その書かれようが、今も、好きです。
若い人が、それを好きになってくれることが
奇蹟のように、ありがたく、嬉しい。
 
若い学生さんたちが、
初日前のあわただしい中で
余裕もないのに
とてもとても親切にしてくれて
もう~!おばちゃんは、心が洗われちゃったよ!
期待の舞台美術は、とても良かった。
芝居も、よかった。
もっといっぱい、一緒につくれたら楽しかっただろうなあ~
でも、みんなが自分たちで作ったから、いいんだよね!
なんかもう、細かいことはどうでもよくて、
ぜんぜんうまく言えないけど、
一番大事なことを、共有してくれている感じが
テキストだけで、こんなにも伝わったってことが、
奇蹟のようで、でも、当たり前のことでもあって。
物語って、ことばって、時間を越えていく。
170408_085604
今日は、泊まったホテルから、名古屋駅まで
170408_085803 1時間ほど歩いて
170408_090501 こだまにのって、帰りました。
車窓から、どこも、どこも、どこも花盛り。
雨にけむる緑。
春です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

絵本シアター『ケルトの月夜のお話』

★2月13日19時現在、ご予約のお客さまでほぼ満席となりました。
お席を増やすことができるかどうか検討していますので
ご希望の方は、あきらめずご連絡ください。
 
★たくさんのご予約をまことにありがとうございます★
ゆうちゃんと仲間たち
おとなのための絵本シアター
『ケルトの月夜のお話』Massugu_2

E・レニハン『異界のものたちと出遭って:埋もれたアイルランドの妖精話』から、選り抜きのお話。(出版:アイルランドフューシャ奈良書店)

構成♣阿藤智恵

出演♣ゆうき♣上野アサ♣三浦千枝♣
 ♣Naoko♪(アイリッシュハープ演奏)♣

絵♣奥田大地(ケルティックムーン)

●日時 2017年2月19日(日)お昼1時~(要予約)

●場所 カフェ ケルティックムーン(国立駅より徒歩4分)
(国立市東1-15-20 リッシュタナカ201 電話042-505-9103)

●観覧料 お気もちを封筒に入れていただく「投げ銭」方式。
(カフェは通常営業のため オーダーをお願いします)

●お申し込み・お問い合わせは、この記事へのコメント、阿藤へのメール、またはfacebookイベントページへどうぞ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

11月10日のコンサートへお越しのお客様へ

コンサート会場、カフェ・ド・シュロから、歩いて3分の
アジアンカフェレストラン「ムビリンゴ」

ただいま、渡辺菊乃さんと阿藤智恵の
「詩人と画家の部屋」を開催中です。

ぜひ、コンサート前に、おいしいランチを召し上がりながら、
作品展をゆるりとご覧ください。

また、コンサートと茶話会終了後の時間帯は、ムビリンゴでは、
通常ならディナータイムまでの休業時間にあたっているのですが、
この日は特別に、休業なしでずっと営業してくださるそうです。

ドリンク一杯でも、ゆっくりご覧いただけますから、
どうぞ寄っていらしてください。

★ランチを召し上がる方へ★

ムビリンゴはオーナーシェフのゆりさんがお一人で切り盛りしているお店なので
もしも、注文が集中した場合には、お待たせしてしまう恐れがあります。

特に、

正午ごろにランチを召し上がる方
コンサート開始間際の14時ごろからランチを召し上がる方

よろしければ、下のメニューの中からあらかじめ選んで、
阿藤智恵まで、ご予約下さいませんか。

下の5種類のランチ、全てサラダ&ドリンク付き1000円です。
そんなに辛くありません。

A~Eのお料理名と、いらっしゃるお時間を、お知らせください

Image1_3_2
A:マッサマンカレー
Image4B:タンドリーチキンとマッサマンカレーセット
Image2_3C:タイのローストチキン、ガイヤーンImage3_1D:柔らかゆで鶏のせご飯カオマンガイImage5_1E:タイのカレーラーメン



| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

澄みきった時間

電車を乗り継いで、千葉へ。161104_135902

駅から会場までは歩いても遠くないけれど、旅気分でモノレールに乗ってみました。
161104_140101
公園の中を、歩いてみたかった。
161104_140203
公園を出て少しだけ迷って、でもじゅうぶんに早くついて
161104_141701
みたのは、この芝居です。

161104_141702

げきって、ほんとにつくるのたいへんなんだなあって、あらためて思いました。

せりふを、そのとおり思って、そのとおりいう、というだけのことに

こんなにも丁寧に、真摯に、勇気をもって取り組んでもらえたことに、感謝です。

| コメント (0) | トラックバック (0)