« 架空・お悩み相談室101『おなかとせなかがくっつくのはこわい』 | トップページ | 架空・お悩み相談室103『信ずる者は救われる?』 »

2013年10月18日 (金)

架空・お悩み相談室102『老眼という言い方が気に入りません』

【お悩み】
最近、近くの文字が見えません。女房は、老眼よ、と勝ち誇ったように言います。悔しいです。そもそも老眼という言い方が気に入りません。別の言い方を考えてください。目が遠くなった、というのはどうでしょうか。(茨城県/山田大輔さんのお悩み)
 
【お答え】
「目が遠くなった」はつまり「遠視」ですね。残念ながらおすすめできません。「遠視」と「老眼」は医学的に別の症状です。他の言語では、「老眼」にあたる語をもたず、実際、「目が遠い」という表現を、両の症状に適用しているものが多くあるようですから、両者を統一しても不具合は生じないはず、と、つい考えてしまいそうですが、ある言語において、ふたつの対象にそれぞれ別の語が準備されるのは、人々に両者を区別する感覚があるからであり、もとから区別を認知しない一つの語でことたりている人々と同じようにはいきません。無理に統一しては混乱を招き、悪くすれば不適切な視力矯正器具による被害が出ることになりかねません。
あなたの眼は、前には「老眼」と言われた症状を呈しているから、前に「老眼鏡」と呼ばれたタイプの「遠視用眼鏡」をつくってきてくださいと医者には勧められたけれど、そんなものをかけては前に「老眼」と言われたことが人に知られて嫌だから、前から「遠視用眼鏡」であったタイプの「遠視用眼鏡」をかけておこう、と考える人が出ます。とてもややこしいです。やはり、新しいことばが必要です。
老眼とは、眼が「遠くなる」のではなくて、「固くなる」という症状を言います。年をとって頑固になるのは人の性格だけでなく、水晶体も同じのようです。「老眼」にかわることば、「眼固」はいかがでしょう。

|

« 架空・お悩み相談室101『おなかとせなかがくっつくのはこわい』 | トップページ | 架空・お悩み相談室103『信ずる者は救われる?』 »

コメント

眼固 ですか。何とはなしに反省させられるネーミングで、大変有り難く存じます。それでも、まだ、耳は遠くてもよくて、目は遠くならないのが残念です。

投稿: 山田 | 2013年10月19日 (土) 16時15分

山田さま
「それは、眼固よ!」と言われると、もしや、さらにかちんと来てしまうでしょうか。
眼固になるほど長生きするのは、実にめでたいことです。
どうぞおおらかな気もちで、受け止めてください。

投稿: 阿藤智恵 | 2013年10月19日 (土) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595968/58414329

この記事へのトラックバック一覧です: 架空・お悩み相談室102『老眼という言い方が気に入りません』:

« 架空・お悩み相談室101『おなかとせなかがくっつくのはこわい』 | トップページ | 架空・お悩み相談室103『信ずる者は救われる?』 »